男の嫉妬は見っとも無い『妬いても見せないのが大人の対応』

男の嫉妬は見っとも無い『妬いても見せないのが大人の対応』

男の嫉妬は見っとも無い『妬いても見せないのが大人の対応』

『男の嫉妬は見っとも無い』とはよく言いますよね。
女性の場合、嫉妬している姿さえも可愛らしいことがありますが、
男性が同じことをするとただただ見苦しいだけでしょう。

 

例えば『彼女の浮気を疑い不安になっている男』
これって文字にしただけでも見っとも無いと思いませんか?

 

男性はこういう場面でこそ強くないといけません。
普段どれだけ偉そうなことを言っていても、
何か起こった時に冷静で強くいられないとそれらは虚勢に過ぎないでしょう。

 

従って、そう思われないためには嫉妬は控えましょう。
また『嫉妬心が現れた』この時こそが勝負です。

 

全く嫉妬しなかったらそれは愛情がないのでしょうから、
おそらく嫉妬しない人はいないでしょう。ですが、対応には大きく差があります。

 

『全然気にしてないし』と言えたり、笑っていられる人というのはかなり強い人です。
またそういう人は、彼女を直接責めることをしません。

 

原因となっている相手を追い払う、このタイプの男性ならばをそれをします。

 

例えば自分の知り合い男性が彼女に近づき、
それが嫉妬の原因になっているのなら
『お前彼女のことどう思ってるの?』と問い詰めるなど釘を刺す訳です。

 

嫉妬の対策としてはこれが正解ですから、大人の対応を見せましょう。

スポンサーリンク


最悪の嫉妬男とは

一方で最悪の嫉妬男は『露骨に嫉妬し、彼女に問い詰める』こんなタイプです。
これは見っとも無いですね。もちろん状況にもよるので全てダメとは言えません。

 

例えば、原因となる男性と面識がなかったら、
取りあえずは彼女に問い質すしかありません。

 

また気になることが特定の男性ではなく、『彼女の男友達複数』だったら、
これも彼女に言うしかないでしょう。

 

ですがそうではなく、先ほど上述したような自分の知人男性が絡んでいる場合にも、
彼女を責めてしまうのならばそれは良くないです。

 

それをするととても見っとも無いです。また自分の価値も下げます。
ですので、そうなりかけた時には冷静になりましょう。

 

嫉妬中は冷静さを失っていますから、会わない期間を作るなど、頭を冷やすことです。