認めない男は見っとも無い『自分にゆとりを持つこと』

認めない男は見っとも無い『自分にゆとりを持つこと』

認めない男は見っとも無い『自分にゆとりを持つこと』

『能力がないのに認めない』『無駄にプライドが高い』こんな男性もいるかと思います。

 

例えば『デブなのにデブと認めない』『営業成績が悪いのにそれを認めない』
といったように、明らかに自分に非があるのに認めなかったり、
どうでもいいところでプライドを持ってしまう男性、
こんな人は見っとも無いので変わった方がいいでしょう。

 

というのも、これらがあるとレベルが低いと思われてしまうのです。

 

デブならば、デブと認めてネタにするくらいの方が自分にゆとりがありますし、
営業成績が悪いことは自分に原因があるのですから、
それは素直に認めて努力するべきでしょう。

 

こういうことができていないと女性からの評判は本当に悪くなります。
『自分が見えていない男』となり離れていってしまうので、
そんなことにならないように注意しましょう。

スポンサーリンク


プライドの高さは露呈しないこと

男性は、プライドの高さを見せない方が格好良いのではないでしょうか?
結局大切なのは結果ですから、
悔しいのならば反論するのではなく努力で証明するべきでしょう。

 

例えばデブと言われて悔しいのなら、『俺はデブではない』というのではなく、
『その場は黙る』『認める』としてダイエットした方が100倍格好良いです。

 

誰がどう見てもデブなのに『俺は違う!』と言い張ったら痛い人ですし、
『コイツと関わるのは止めよう』と思われてしまうので、
こんな捉え方も大切かも知れません。

 

弱い犬ほどよく吠えると言いますし、能力がある人ほど沈黙型のような気がします。
やはり男は『黙って結果を出す』が格好良いかと思いますので、
自分に問題があるのならばそこを改善して、
何も言われないほど優れた人間を目指した方がいいですね。