女に手紙は渡さない方がいい『後で面倒になる』

女に手紙は渡さない方がいい『後で面倒になる』

女に手紙は渡さない方がいい『後で面倒になる』

恋人同士だと『手紙書いて』とか言われることがありますよね。
ラブラブな時期だとそういうことに抵抗を持たず、
冷静な時に読んだら吐いてしまいそうな文章を書くこともありますが、
恋愛ってある意味麻痺しているため怖いものです。

 

しかしそれでも、別れれば全てが終わると考えるのが男性なのではないでしょうか?
つまり、過去に書いた恥ずかしい手紙も分かれと同時に消えると思うこと、
こう考える人もいますよね。

 

しかしそれは甘いです。女は、手紙のようなものは持っているものです。
ですから、『女に手紙は渡さない』これは絶対に通した方がいいでしょう。

スポンサーリンク


後で問題になる

恥ずかしい手紙を渡してしまうと、あとで問題になることがあります。
例えば『数年後に自分が有名になった』こんなことがあったらかなりNGなのでは?

 

その時の彼女との間で流行っていた単語等を連発していた文章だったら、
それを公表されたら恥ずかしいですよね。

 

また有名になると、それを利用されることもあります。
ですから絶対に、『形は残さない』に拘りましょう。

 

またそうでなくても、例えば同じ学校や職で付き合っていたら、それだけで危険なのでは?
『元カノが共通の知人に見せる』これだってあり得なくはないでしょう。

 

そんなことをされたら大きな痛手のはずです。
ですから、仮に書くのならば当たり障りのないとてもつまらない文章にすることです。

 

ポイントは『感情を込めないこと』、
また『愛している』とか『結婚しよう』という表現は絶対に使わないことです。

 

こういうのがあるとかなり恥ずかしいですし、
結婚しようは相手の捉え方次第で大きな問題になります。

 

このように、
メールも含みますが手紙のような形に残るものの扱いは慎重になるべきですから、
使う際には注意しましょう。