下ネタは内容次第『品のない下ネタは言わないこと』

下ネタは内容次第『品のない下ネタは言わないこと』

下ネタは内容次第『品のない下ネタは言わないこと』

女性の前で下ネタを言っていいかどうか?男にとってこれは難しいところですよね。
基本的には言わない方がいいです。

 

『酒の席では常に下ネタ』『下ネタ大好き』こんな人は確実に嫌われますし、
女性から避けられます。

 

そうなったらお終いですから、『女の前では言わない』と決めた方がいいでしょう。
ですが、全く言わない男になることも難しいですよね。

 

というのも、そういう話をしないと女性を口説きにくいこともありますから、
多少は技術として必要な場合もあります。

 

従って『何ならばOKか?』これを理解しておきましょう。
実は、女性が受け入れる下ネタもあります。

 

下ネタを言った途端NGになる男性はダメなことを連発しているから。
または、普段から嫌われているからのどちらかです^^

 

ですので、OKな下ネタを言いたいのならば日頃から仲良くした方がいいですね。
そうしないと下ネタなど通用しませんので、
エロ部長のようになってしまわないように注意しましょう。

スポンサーリンク


品のない下ネタは避けること

一般的に嫌われるのは品のない下ネタです。
例えばストレートに単語を連発したり、『やりたい』とかそれに似た言葉を使うなど、
こういう人は避けられます。

 

ですので言うにして大人っぽさを心掛けましょう。
またポイントは『その場にいる女性をターゲットにしない』ということです。

 

もちろん男性をターゲットにすることもNGですが、
要は、そこにいる女性をターゲットにして下ネタを言うと生々しく、
言われている等の女性はとても不快だからです。

 

ですので、最悪言うとしても芸能人や第三者が無難です。
それならば女性も興味を示し乗ってくることがありますので、そんな心掛けは大切です。

 

また、『女性が下ネタを言いだしたら便乗する』これも一つの方法です。
女性もその手の話が好きな人は多いので、その場所に女が多かったり、
リラックスしてくると下ネタが出ることはあります。

 

ですのでその時には、落ち着いて話に乗りましょう。
ですが注意したいのは、ニヤニヤしたり身を乗り出したりしないことです。

 

結局それをすると女性は我に返ります。
下ネタを言った途端男が興味津々だったらさすがに止めるでしょう^^

 

だからこそ落ち着いて聞くことは必須ですので、
『そこまで興味ないよ』といった態度でありながらもしっかり受け答えしましょう。