女性を褒めるタイミングとは『頻繁に褒めると舐められる?』

女性を褒めるタイミングとは『頻繁に褒めると舐められる?』

女性を褒めるタイミングとは『頻繁に褒めると舐められる?』

モテるためには女性を褒めることも大切ですが、
頻繁に褒めると120%舐められます^^

 

そうなるとかえって男扱いされなくなりますし、
飛んでもなく失礼なことを平気で言ってくるようにもなるのでそれはしないようにしましょう。

 

このように考えると『女性を褒める』って難しいものですが、褒めるにも2パターンあり、
1つは比較的頻繁に使っても問題がないものです。

 

それが『変化を褒める』というもの。
髪型やネイル、服装など、外見のちょっとした変化を褒めることならば
日常的に使っても舐められることはありません。

 

例えば『その服可愛いね』とか『髪切った?』といったように、
さり気なく褒めたり気付く男になるということ。

 

これはむしろ好印象です。
女性は気付いてほしい生き物ですし、
誰にでも平等に褒めていれば特別感がゼロなので問題がないということです。

 

一方でNGパターンとは『口説いている』と思われる褒め言葉。
これは使える状況が限られますので、しっかり選びましょう。

スポンサーリンク


口説きになる褒め言葉はピンポイントで

言葉そのものが口説くことになるものは、日常的に使用すると良くないので、
これはしっかり状況を選びましょう。

 

理想は『女性が弱っている』『これから関係が持てそう』という時です。

 

まず女性が弱っている時ですが、『私なんか〜』と落ち込んだ話を始めた時には、
ここぞとばかりに『そんなことないよ』『○○は頑張っているよ』
『俺はいいと思うけどな』といったように褒めてあげる訳です。

 

そうすると特別感がありますし、それはそのまま口説きにつなげることもできます。
そもそもこの状況、他に理解者がいないからこそ話してきている訳ですよね。

 

つまり落としどころなんです。
従って、ここで『俺は味方だよ』
という優しい言葉をかけられるかどうかはとても大切です。
だからこそ、ここでの褒め言葉は有効になる訳です。

 

一方で、すでにいい感じの女性で、これから関係が持てそうという時でも、
褒め言葉が決定打になることはあります。

 

はっきり言ってしまえば『あと少しでやれそう』
という時には女性を喜ばせる言葉が有力で、
そんな時には『可愛いよ』とか『やっぱり綺麗だ』といったような、
ベタな褒め言葉で全然良いです。

 

このように女性を褒めることって、使い分けがとても大切です。
普段から『可愛い』と言っていたら確実に対象外になりますから、
男扱いされるように考えてみましょう。


 

関連ページ

万人に優しいことも大切『特定に絞らないこと』
別れる時のテクニック『女に合わせて対処すること』
男は軽々しく好きといわないこと『やってからも保留にする』
遊びの女への対処法『交際か一度だけかは性格次第』
女に嫌われる方法『目的を達成した時のテクニック』
一瞬で女を切れる方法『嫌われることは簡単』
男は相槌上手になること『それが下手だと嫌われる』
女の下ネタには乗った方がいい『無反応はNG』
男は女に優しくするべき『ただし興味がある女にのみ』
モテる男のテクニックとは『男性は気遣いができればモテる』
モテる男の条件『断る時でも紳士的に』
格好つける男は嫌われる?『何をするとNGになる?』
困っている時に助けるとモテる『女はその状況に弱い』
自分から話しかけること『女からくることを期待しない』
女が興味を示さない時の対処法『追いかけないこと』
モテる男は追いかけない『女の選び方は大切』
モテる男は聞き上手『なんでも聞く男になること』
写真が苦手なら緊張すること『格好良く撮るコツとは』
はっきり話すこと『もじもじしていると格好悪い』
成功したら女は切るべき?『見極めが大切』
経済力を武器にするのなら『安い女とは関わらないこと』
体目当てにするなら相手を選ぶこと『ネチネチタイプはNG』
女友達と関係を持つには『聞く力が大切』
笑顔のない女はどうするべき?『相手にしないのも一つ』
男はとにかく格好つけるべき『見っとも無い部分を見せないこと』
キスするときに心がけること『清潔感は絶対』
自分のレベルで相手を選ぶべき『安い女とは関わらない』
2回目は誘わないのも一つの方法『相手の気持ちを確かめる』
モテない時の女性の選び方『好みは捨てること』
惚れないことも一つの考え『楽な恋愛をすること』
男なら成功を目指すべき『夢を語る男は格好良い』
多少のプライドは捨てた方がモテる!負けず嫌いすぎる男はNG
変化に気付くことも大切『モテる男はよく見ている』