女性の好みは控え目に『本性を出すと嫌われる』

女性の好みは控え目に『本性を出すと嫌われる』

女性の好みは控え目に『本性を出すと嫌われる』

『どんな女性が好みか』と聞かれることもありますよね。
こういう時の答え方はとても大切なんです。

 

ここで『可愛いくてスタイルがいい子』といったように男の本音をそのまま話してしまったら、
『あの人何?』となってしまうので、それは注意しましょう。

 

可愛くてスタイルが良い子、そこそこの年齢の男性ならば
『若い子がいい』というのは当たり前の心理ですが、
女性はそういうことを許さない傾向にあります。

 

特に女は、そんな男を総攻撃してきます。
女同士のネットワークで『あの人最低だよ』と言いふらしますので、
こういうこともあって言わない方がいい訳です。

 

そもそも、これを言ってしまったらモテませんから、言いたい気持ちは我慢しましょう。
基本的には『その場で通用する答え』これが良いです。

 

例えば、デブやブスな女性と話していたら『外見なんかまったく気にしない』
とサラッと言う、貧乳の女性と話す時には『胸なんかどうでもいい』とする、
これが理想です。

 

こうすれば、女性達は嫌な気がしませんよね。

 

男からすれば、その手の女たちが『好みの女は?』と聞いてきた時点で
『外見じゃない』『胸なんか関係ない』と言って欲しいんだろ?
と思うかもしれないですし、それもあって敢えて本音を言ってしまうこともあるでしょうが、
そうすると上述した総攻撃に合います。

 

女性って、自分から質問しておきながら、
理想の答えが返ってこないと否定された捉えますので、
そこは十分に気を付けた方がいいでしょう。

スポンサーリンク


性格を言っておけば問題ない

美人やスタイル抜群の女性になら、
『やっぱり外見も大切』と正直に言って問題ありませんが、
自分に自信がない女性も多いため、基本的には性格を重視しているように見せましょう。

 

そうすることでモテることができます。
例えば『優しい子がいい』と言えば誰にでも当て嵌まりますよね。

 

『優しい』というのは具体性がない表現ですし、誰を否定している訳でもありません。
もしくは、『家庭的』とか『仕事ができる』という言い方ならばアリです。

 

これならば、外見の否定ではありませんから反感を買われることはありません。
いずれにせよ、モテる男になるためには女性心理を読むことが大切ですから、
しっかり考えてみましょう。


 

・モテたいならエチケットが大切

 

男性が見落としがちなのは口臭対策。
せっかく格好良くしていても、そこに問題があったら即アウトに。
薔薇の滴なら、女性が好む香りに包まれるため安心です。

 

口臭が薔薇の香りになるサプリ『薔薇の滴』初回購入980円、詳細はこちらから