キスは雰囲気作りが大切『下心を見せないこと』

キスは雰囲気作りが大切『下心を見せないこと』

キスは雰囲気作りが大切『下心を見せないこと』

『デートはできたけどキスができない』
『手までは繋げたけどキスの仕方が分からない』こんな人も多いでしょう。

 

キスって考えてしまうと確かに難しいと思います。
慣れてしまうと事あるごとにやってしまうものですが、そうなるまでが大変ですよね。

 

キスの方法としては『雰囲気を作ること』『相手と呼吸を合わせること』
これが大切になってきます。

 

また、自信を持つことも重要です。
この自信とは『自分のことを気にいって一緒にいるんだからキスしても大丈夫だ』
という自信です。

 

これがないとどんなに雰囲気が良くてもできませんから、
タイミングあった時には逃さないようにしましょう。

スポンサーリンク


キスに必要な雰囲気とは

キスに必要な雰囲気とは、一般的には人気のない場所です。
『静かで人気が無い』こんな場所にいたら女性も『キスかな』と察するでしょう。

 

従って、デートコースにはそんな場所を含めておくことも重要です。
つまり、一日の流れの中でキスの時間を作っておくということです^^

 

もちろん、絶対にそこでするべきではありませんが、
比較的やりやすい場所の候補としてあげておくのはいいでしょう。

 

また雰囲気に大切なことは手を繋いでおくことです。
これがないと、実はキスって難しいです。

 

さらに理想は『手を繋いでいてはしゃいでいること』こうするとキスしやすいです。
というのも、ここからが相手と呼吸を合わせるになってきますが、
はしゃいでいるということは気が合っていることになりますよね。

 

つまり、女性側もまんざらではない訳です。
どんなに人気がない場所でも、『さっきからずっと会話がない』
こんな状態だったらキスは難しいので、楽しくいられる方がいい訳です。

 

この辺って勘違いしやすいですが、真剣になるのはキスする瞬間だけです。
それまではとにかく楽しく生きましょう。

 

手を繋ぎながらずっと楽しくいると、会話が途切れる瞬間があります。
そこがキスのタイミングです。

 

その時だけは真面目な顔をして、一瞬で奪ってしまうことです。
ポイントは躊躇わないこと。
ここで躊躇うと女性は恥ずかしくなって抵抗するので男がリードしましょう。

 

またキスし終わったら、さっきまでと同様楽しい会話を続けることです。
キスというと、とてもハードルが高いと感じるかもしれませんが、
それは真剣に考え過ぎるからです。

 

『盛り上がっている会話の一つ』くらいに捉えましょう。
また、最初のキスで舌を入れるかどうかもあるでしょうが、これはその時次第です。

 

ですが、上記のような状況ならば入れることが多いです。
軽く触れ合って終わりでもないですからね。
その辺は順序に拘ることもないので、流れに任せましょう。


 

関連ページ

口下手でも彼女は作れる!大切なのは気遣い
女性を守る男とは『仕事は絶対に大切』
同棲はするべき?交際をしたら考えること
『好きと思ったら違った』この時の対応とは『正直に言うべき?』
手繋デートは何歳まで?『女の年齢で全てが決まる』
女にモテる男の体型『筋肉レベルはどのくらいが理想?』
女性からモテる車とは『これから買うなら何がお勧め?』
男もダイエットした方がいい?『女にモテるためには』
失恋した時の対処法『とにかく女と関わるべき』
脈なしの女を見抜くには『表情や態度から読み取ること』
モテる男に必要なもの『女が絶対に求めるものとは』
一人で生きるのもアリ?女がいなくても楽しめるべき
対象外の女に話しかけられたら?どうするのがベスト?
彼氏アリの子を好きになった時には『どうすることが正解?』
最も評価されるのはどこの筋肉?『男は体を鍛えるべき』
格好良くなるためにはどうするべき?『身だしなみこそ重要』
恋愛は何から始めればいいのか?一番最初にやるべきこと
初デートではとにかく清潔感『無理と思われたらお終い』
男は身長が大切?背が低いとモテない?
ボディータッチはOK?男は慎重になった方がいい
夢を追い掛けるのは何歳まで?『引かれないように注意』
外見だけで女性を選ぶことも一つ『自分のタイプを知ること』
好みのタイプを聞かれた時の答え方『外見だけはNG』
ゆとりがある男こそ格好良い『精神的に成長するには』
男は優しい方がいい?使い分けが大切
マッチョな男はモテる?理想的な筋肉量は?